売買にかかる諸経費

住宅ローンの申込基準と必要書類

住宅ローンを利用できる方

給与所得者であり、職場の健康保険・社会保険の被保険者の方

自営業者の方は概ね3年以上今の仕事を続けているかた。

勤続年数が、1年~3年以上ある方

各金融機関で違いますが、3年以上の勤続年数が必要です。3年未満の方でも受け付ける銀行もあります。 勤続年数は、健康保険証の資格取得年月日からの年数になります。試用期間などがあり、3~6ヶ月後に正社員になった場合は、それからの年数になります。

保証会社の保証を受けれる方

住宅ローンは、原則として保証人は必要ありませんが保証会社というクレジット・信販系銀行系の会社の保証が必要となります。従って、銀行の審査が通っても保証会社の審査に通らなければ住宅ローンは利用することができません。

年収に対する年間返済額の割合が概ね30%(理想は25%)以内であること

各金融機関・保証会社で異なります。 なお、年間返済額には、すべてのローンが加算されます。 (自動車・教育・旅行・各種カードでのお買物) 例えば、車のローンが100万円残っていると、住宅ローンが減額されることがあります。

すべての借入金の返済に遅れがないこと

自動車ローン・カードのお買物などに延滞がないこと。

申込時のご年齢が60歳未満であること

住宅ローン申込時に必要となる書類

ご本人の確認ができるもの(免許証等)

収入を確認できるもの

所得証明・源泉徴収書・住民税通知決定書等(各金融機関で多少異なります)
また、必要年度前年・前々年の2年分必要となることもあります。
自営業のかたは2~3年分の納税証明書が必要です。

勤続年数を確認できるもの

健康保険証(本人・扶養家族の記載のあるもの)

印鑑証明書・住民票

必要枚数は金融機関により異なります。住民票は家族全員記載のものが必要です。

物件に関する資料

土地・建物登記簿謄本(記載事項証明書)、売買契約書、重要事項説明書、建物平面図、公図実測図(地積図)、物件案内書、など不動産業者に揃えてもらいましょう。
住宅ローンを借りる時の諸費用

融資取扱手数料

各金融機関で異なりますが、ほぼ3万円~5万円(税別)です。

保証料

借入額・借入年数により金額が異なります。

火災保険料

建物構造・借入額・借入年数等により保険料は違いますが、借入年数分を一括で支払います。

生命保険料

主に団体信用生命保険があります。保険料は銀行が負担していることが多いようです。

<ローンシュミレーションはこちら>


本日の物件数
公開物件数 968
会員物件数 1016

購読:   解除:

メールアドレス:


»バックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ

ようこそゲスト様

メールアドレス
パスワード


パスワードを忘れた方はこちら

初めてのお客様へ

会員登録はこちら
株式会社 青伸ホーム
代表取締役
青山伸太郎(宅地建物取引主任者)

青伸ホーム外観

〒606-0863
京都市左京区下鴨東本町11番地
TEL:075-708-2007
FAX:075-708-2008
京都府知事免許(3)第12933号
青伸ホームYouTube 希望条件をリクエスト登録 スタッフ紹介 青伸ブログ
マンション辞典
購入希望の方
購入の基礎知識
物件資料の見方
諸経費
不動産に関わる税金
フラット35
フラット35とは?
京都のフラット35対象
マンション一覧
補助金・減税・優遇制度
住宅ローン減税
すまい給付金
不動産取得税の軽減措置
木造住宅耐震改修助成事業
介護保険住宅改修費
既存住宅の省エネリフォーム
当サイトは、アルファSSLを使用しておりお客様の情報は暗号化され安全に送信されます。

当サイトは、アルファSSLを使用しており
お客様の情報は暗号化され
安全に送信されます。