head>

売買にかかる諸経費

不動産売買の仲介手数料

売買契約の媒介(仲介)の場合

仲介業者が売主(買主)から受領できる報酬の限度額は下記の方法で算出した額です。

物件の価額
200万円以下の部分×5%=A円
200万円超400万円の部分×4%=B円
400万円超の部分×3%=C円
報酬の限度額=A+B+C円

※上記の計算方法は煩雑ですので通常下記のような速算法を用いると便利です。

物件価額が200万円以下の場合 物件価額×5%
物件価額が200万円超400万円以下の場合 物件価額×4%+2万円
物件価額が400万円超の場合 物件価額×3%+6万円

(例)1000万円の土地付中古住宅を売買した場合
1000万円×3%+6万円= 36万円です。
なお、仲介手数料には別途消費税が課税されます。

注意事項

・上記の例により、仲介業者が売主
・買主の双方からそれぞれ媒介の依頼を受けた場合、仲介業者は売主および買主からそれぞれ36万円を限度に合計72万円まで受領することができます。
・交換の場合には、物件の価額の高いほうを基準として上記即算法を用います。
・売買の代理をした場合は宅地建物取引業者が売主から受領することができる報酬の限度額は媒介の場合に当事者の一方から受領することができる2倍以内です。


本日の物件数
公開物件数 973
会員物件数 1019

購読:   解除:

メールアドレス:


»バックナンバー

powered by まぐまぐトップページへ

ようこそゲスト様

メールアドレス
パスワード


パスワードを忘れた方はこちら

初めてのお客様へ

会員登録はこちら
株式会社 青伸ホーム
代表取締役
青山伸太郎(宅地建物取引主任者)

青伸ホーム外観

〒606-0863
京都市左京区下鴨東本町11番地
TEL:075-708-2007
FAX:075-708-2008
京都府知事免許(3)第12933号
青伸ホームYouTube 希望条件をリクエスト登録 スタッフ紹介 青伸ブログ
マンション辞典
購入希望の方
購入の基礎知識
物件資料の見方
諸経費
不動産に関わる税金
フラット35
フラット35とは?
京都のフラット35対象
マンション一覧
補助金・減税・優遇制度
住宅ローン減税
すまい給付金
不動産取得税の軽減措置
木造住宅耐震改修助成事業
介護保険住宅改修費
既存住宅の省エネリフォーム
当サイトは、アルファSSLを使用しておりお客様の情報は暗号化され安全に送信されます。

当サイトは、アルファSSLを使用しており
お客様の情報は暗号化され
安全に送信されます。